セディナゴールドカード審査 口コミ・評判

セディナカード ゴールド審査の方法だけでなく口コミ・評判や対象、年会費、保険制度、サービス、得点、ショッピング、マイレージや還元率、審査の時間、申込方法などのメリット・デメリットを紹介

住信SBIネット銀行 セディナゴールドカードの口コミと評判/審査/申込/対象/年会費/保険/ショッピング/特典/ポイント/サービス/キャッシング/還元率等

セディナカード ゴールドは、高校生を除く満18歳以上の人で、本人に安定継続収入の方やアルバイト・パート・派遣の方、また自身の配偶者に安定継続の収入のある人が申込み対象!最短1週間でカードが手元に。お得なポイントサービスも充実した、あなたの暮らしにもっとワクワクを与えるカード。旅行等の傷害保険(死亡・後遺症の場合)は海外最高1億円、国内は最高5,000万円で、保険ショッピング保険は最高300万円。ご利用可能枠は1万円から200万円以下。利息も上限年18.0%と最安級の低金利で、毎月1回払いまたは残高スライド低額リボルビング払いを設定している。さらに全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー各店舗でのカードショッピングの利用でわくわくポイントが日ごとに3倍!ゴールドカードならではの特典も満載!!


セディナカード ゴールド審査の方法だけでなく口コミ・評判や対象、年会費、保険制度、サービス、得点、ショッピング、マイレージや還元率、審査の時間、申込方法などのメリット・デメリットを紹介

セディナカード ゴールドの詳細

住信SBIネット銀行Mr.カードローン★クレジットカード名
セディナカード ゴールド


★発行商品名
JCB、VISA、MasterCard


★カードフェイス
@一般タイプ(ゴールドモデル)
Aハローキティ・タイプ


★ご契約する方
高校生を除く満18歳以上の方で、自身に安定持続収入の方やアルバイト/派遣/パートの人、また自身の配偶者に月々安定した定期収入が入ってくる方。


★年会費
@本会員:6,000円(税抜)
A家族会員:1,000円(税抜)


★旅行などの傷害保険(死亡・後遺障害の場合)
・海外:最大1億円
・国内:最高5,000万円


★ショッピング保険
最高300万円
※ゴールドカードを利用して購入した商品が購入日(配送等による時には物品の到着日)より90日以内に破損、盗難、火災等の偶然な事故により損害を被った場合、補償いたします。


★ご使用可能枠
総使用枠:1万円〜200万円まで


★利子(実質年率)
上限18.0%


★返済方法
月々1回払い、残高スライド低額リボルビング払い


★返済期間・回数
最終借入れから最長8年2ヵ月、1回〜98回


★遅延損害価格
年20.0%


★特権
@トクトクステージ
年間(1月〜12月)のカードショッピング精算金額によって、来年のポイント倍率がMAX1.6倍。
Aサンクスクリスマスポイント
年間(年毎11月〜翌年10月)のカードショッピング精算料金によって、12月にボーナスポイントをプレゼント。
B空港ラウンジサービス
国内のメイン空港で無料でおつくろぎいただける空港ラウンジを用意しています。
Cプレミアムクラブオフ
スポーツ、レジャー、リラクゼーション、ショッピング、海外と国内の宿泊、ライフ・サポートサービスを特別価格でご利用いただける会員限定のサービスです。
※このサービスは株式会社リロクラブが提供するサービスです。
Dゴールドデスク
ゴールド会員様専用のフリーダイヤルのデスクです。ゴールドカードに関するさまざまなお問い合わせについてご案内します。


★JCB会員様のサービス
・JCBプラザ
「JCBプラザ」は、世界60ヵ所に設置された海外サービス窓口です。JCB加盟店のご予約や観光に関するお問い合わせをJCBプラザ・スタッフが日本語で承ります。また、60ヵ所のうち主要都市9ヵ所にはJCB会員の人専用の自由にくつろげる空間「JCBプラザラウンジ」を備え付けています。
・JCB特別待遇ガイド
JCBオススメの海外加盟店を地域別に紹介したMAP付オリジナルガイド。掲載店に提示し、JCBカードでお支払いになると、特恵待遇サービスが受けられます。


★VISA、MasterCard会員様のサービス
・海外旅行日本語サポート(VJデスク)
世界メイン都市のVJデスクは、日本語で貴方の旅をバックアップします。耳寄りな観光情報のご提供からレストラン・チケットの予約、カードやパスポートの紛失・盗難時のサポートまでお気軽にご利用ください。
・ホノルルラウンジ
VJデスク・ホノルルには、寛ぎのひとときの待ち合せなどにご利用いただけるラウンジを併設しております。
お気軽にお立ち寄りください。


★各種サービス
@全国のダイエー、マルエツなどの各店舗で毎月の特定日は5%割引き
ダイエー・グルメシティ各店舗では月毎第2・第4日曜日と20日・30日、マルエツなどの対象店舗では月毎第2・第4日曜日に、カードをご利用いただくと、ほとんどの売場商品が全品5%割り引。
※一部実施しない店舗や除外品があります。
A全国のイオン各店舗で月毎20日・30日は5%割り引
毎月20日・30日に全国のイオン、マックスバリュ等等の各店舗でカードをご利用いただくと5%割り引。
※一部実施しない店舗や除外品がございます。
B全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー各店舗で毎日ポイント3倍
全国のセブン-イレブン、イトーヨーカドー各店舗でのカードショッピングの利用でわくわくポイントが毎日3倍!
Cパッケージツアー割引きサービス(セディナトラベルデスク)
セディナトラベルデスクでは海外や国内のパッケージツアーの予約を承っております。パッケージツアーの基本旅行代金が会員割り引価格(3%〜7%OFF)となります。ご旅行の時は気軽に相談ください。
※このサービスは株式会社トッパントラベルサービスが提供するサービスです。
Dセディナメディカルコール
健康増進、健康不安、介護、育児等、医療に関するあらゆる相談を24時間電話にて受付けております。(相談無料)
※このサービスは株式会社ヘルスクリックが提供するサービスです。
Eウキウキトラベル賞
月々のカードショッピングご利用合計金額1万円(税込)を1口として、月毎抽選で150名様に海外旅行(50名様)、国内宿泊(50組100名様)が当たります。
F会員専用インターネットサービス(OMC Plus)
ご利用金額明細の照会、キャンペーン応募、ポイントの照会・交換等便利に利用いただけます。
G本人認証サービス
インターネットショッピングの際、パスワードによるカード利用者の本人確認を行うことにより、安全なショッピングを実現します。
Hセディナのカードで三井住友銀行キャッシュカードATMの手数料が「無料」!
三井住友銀行のSMBCポイントパック契約口座からセディナのクレジットカードご利用金額の引落しをされるとそのご契約口座のキャッシュカードのATMの手数料が無料になります。


★追加可
・ETCカード
・セディナQUICPay
・家族カード
・JR東海「プラスEX」


★提携信用情報機関の名称・住所・問合せ電話番号・ホームページアドレス
◆株式会社 日本信用情報機構(略称JICC)
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
TEL:0120-441-481
ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp/

◆株式会社シー・アイ・シー(CIC)
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウェストビル 15 階
TEL:0120-810-414
ホームページアドレス: http://www.cic.co.jp/


※必ず申込になるご本人の方が入力ください。ご入力内容をもとに所定の審査のうえ、入会手続きをします。
※カード発行手続に際し、ご自宅または勤務先に連絡することがあります。
※年末年始およびゴールデンウイーク等の大型連休は、カード届けまでにお時間がかかる場合があります。
※運転免許証あるいは運転経歴証明書の交付がある人は、運転免許証または運転経歴証明書での本人確認が必要になるので、必ず準備してください。また、運転免許証または運転経歴証明書の交付の有り無しが確認できない場合、お電話で確認させていただきますので承諾ください。
※当方へ送届けた書類は返付できません。

 

住信SBIネット銀行Mr.カードローンTOP

 

 

{最初に自らの信用情報開示で{自分の状況を確認|信用情報を開示すれば申込の適正!

住信SBIネット銀行Mr.カードローン カードローン利用の時審査では、あなたの信用情報を基に審査が行われることはご存知のことかと思います。
しかし、自分の信用情報がどのようになっているのか、わかりませんよね。

実は自分の信用情報は、信用情報を保管している企業に開示を求めれば見ることが出来るのです。
そういった意味、自分の信用情報をまず{知る|把握することが{審査{に落ちない|をパスする|貸付]を受けるための裏ワザと{も言えるでしょう|言っても過言ではないでしょう。

日本における信用情報を集めている企業は、主に「全国銀行個人信用センター(全銀協)」「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」の3種類です。
3種類もあると、すべてに開示請求しないとダメ?とお思いになるでしょうが、この3つはそれぞれ、申込みをしようと思っているカードローン業者が利用しているところを基に選択するのがいいでしょう。
心配であれば、複数に開示請求をしても問題はありません。

開示の請求しかたとしては、郵送とインターネットから、または実際に信用情報機関を訪問して行います。開示請求方法や手数料などは各信用情報機関の解説をご覧ください。

さて、開示できる信用情報は大きくわけると、勤務先や氏名などの「本人に自体の情報」、申込みの事実や延滞・自己破産などの事故情報といった「利用状況に関わる情報」の2種類で、審査において大切なのは後者の「利用状況に関わる情報」になります。
ですので、開示した信用情報が到着したら、この「利用状況に関わる情報」の部分を確認しましょう。
たとえば5ヵ月前に申込みの事実があったと仮定します。

申込みの記録は最大でも6ヵ月しか記録されませんので、あと1ヵ月待てば過去の申込みの事実が閲覧できなくなりますので、ショッピング保険が活用できる確率があがります。
以上のように、申込みをする時期の目安にすることもできますので、請求してみることをおすすめします。